【Xcode】ERROR ITMS-90032: “Invalid Image Path – No image found at the path referenced under key ‘CFBundleIcon’: ‘AppIcon40x40′”

今日は最近アプリをAppStoreへアップロードする際に起きた、アイコン絡みのエラーについてご紹介致します。大したことではないのですが、手を抜いていた所を突かれた感じでした

アイコンが存在しない

KATAOMOIをiPhoneXに対応すべく改修をしていたのですが、テストモジュールをAppStoreへアップロードしようとした所、以下のようなエラーに出くわしました。40×40サイズのアイコンが無いとかなんとか・・・

ERROR ITMS-90032: "Invalid Image Path - No image found at the path referenced under key 'CFBundleIcons': 'AppIcon40x40'"
ERROR

それっぽい所のチェック

‘CFBundleIcons’との文言が見えたので、古いアイコンの定義が残っているのかと’KATAOMOI-Info.plist’の内容を確認して見たのですが、特にそれっぽい定義も見当たらず、う〜んと唸っていたのですが・・・

エラーは本丸に

結局のところは、普通にxcassetsの中の’AppIcon’の中に必要なアイコンがなかったことによるものでした。以下の画像の黄緑色のアイコンの部分。Spotlight用のx2のアイコンが必要だったみたいです。ついこの前まではいらなかったんですけどね・・・アップル側が変えてきたのか、iPhoneXに対応したことにより、必要になってきたのか・・・てか、空の部分が多すぎだろ・・・と思いつつ。一旦これを追加したら通ったので良しとします。ちなみに黄緑色のアイコンはただのプレースホルダーです。本リリースではちゃんとしたものに変更します。
AppIcn

参考サイト

以下の参考サイトでは、似たような事象の記載がありますね。でもちょっと違いますね。いくつかパターンがあるみたいです。

xcodeでitunesconnectにアップする際に「ERROR ITMS-90032: “Invalid Image Path – No image found at the path referenced under key ‘CFBundleIconFile’: ‘Icon-57.png'”」とでたら

関連記事

【GraalVM】ちょっと弄ってみた

iPhoneのスクリーンサイズ一覧

【Xcode】制約をソースにリンク

【Xcode】Firebaseを組み込んだ矢先にハマった事

【Swift】配列から一部分の抜いた時に返されるArraySliceについて

SwiftでOpenALの簡単サンプルソース