【Raspberry Pi】Raspbian JessieからRaspbian Stretchへアップデートしてみた

えっと、OSアップデートシリーズでございます。ラズパイのOSが新しいのが出てて、Busterってのになっていたので、アップデートしてみようと思っているのですが、その前にはてブロに書いていたネタをこっちに持ってこようと思って・・・ちょっとネタとしては古いのですが、移植します。終わったらBusterにアップデートしようと思います。

現在のシステムを最新化

まずは現バージョンのOSをアップデートしてしまいます。いつもはaptitudeを使ってますが、今回はaptを使っていこうと思います。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

続いて以下を行います。

$ sudo apt dist-upgrade

Raspbianのチェック

何か起きた時にどうしたらよいかわからないですが、参考サイトのようにやってみちゃいます。
自分の環境では何も出力されませんでした。。。

$ dpkg -C
$ apt-mark showhold

リポジトリの向き先をJessieからStretchへ変更

jessieをstretchに書き換えるだけです。

$ sed -i 's/jessie/stretch/g' /etc/apt/sources.list

新Raspbianで最新化

まずはいつもの奴を行います。

$ sudo apt update

次にシミュレートでアップグレードしてみます。
まあ、これで何か問題が出たら困ってしまいますが・・・

$ sudo apt --simulate upgrade

いよいよアップグレード・・・結構長いです。
いろいろ聞かれたりします。

$ sudo apt upgrade
sudo apt dist-upgrade

最後に

再起動の前に、/etc/dhcpcd.conf の中とかは確認しておくと良いです。
設定を消しちゃってる場合があるらしいので、消された場合は、ネットに繋がるように元に戻しておきます。

$ sudo reboot

これもやったほうが良いんですかね。

$ sudo apt autoremove

こんな感じで、アップデートしたラズパイを使っていました。次はBusterにアップデートしたいと思います。

参考サイト

Raspbian GNU/Linux upgrade from Jessie to Raspbian Stretch 9

関連記事

【Swift】NSMutableArrayのremoveObject:をSwif...

SwiftでOpenALの簡単サンプルソース

【Xcode】制約をソースにリンク

UIBarButtonItemのサイズがiOS11でおかしくなった際の対処法

【Swift】日付(Date型)同士の差の取り方

【Ubuntu】UnuntuにSwiftをインストールしてみた件