【Xcode】制約をソースにリンク

今日は制約(Constraints)についてのちょっとした小ネタです。「あ〜、そんなことも出来るのね。」って感じが最初に感じた感想です。プログラムから動的に制約を変更する時は、これでミス無く出来そうです

制約もリンク出来た

Interface Builderを使ってAuto Layoutで画面を作ってる時に、UIViewに色々と制約を付けると思います。なんと、この制約、Swiftのソースに紐付けることが出来たんですね。知らなかった。ソース的には以下のような感じですね。やり方としては、Interface Builderを開くと、左側にUIのツリー構造が表示されると思います。その中に青いアイコンで制約(Constraints)が表示されていると思います。そいつをコントロールキーを押しながらドラッグすると、びよ〜んて線が出るのでソースにペッて貼り付けるだけ。他のUIView等をソースにリンクさせるのと全く同じ仕組みですね。これでプログラムからの制約の操作がやりやすくなりそうですね。

@IBOutlet weak var topConstraint: NSLayoutConstraint!

参考サイト

参考にしたというよりは、たまたま制約の事を見ていたら、@IBOutletでリンクさせていたので、なんと!!っとなったわです。
[iOS] AutoLayoutの制約付け替えでレイアウトを動的に変える!active/deactiveのお話

関連記事

【Google Home】Google Homeにテキストを読み上げさせたい【そ...

【Xcode】ERROR ITMS-90032: "Invalid Image ...

【Swift】NSMutableArrayのremoveObject:をSwif...

SwiftでOpenALの簡単サンプルソース

【Java】Java SE 10をubuntuにインストールしてみた【初心者向け...

【Swift】UIAlertViewからUIAlertControllerへマイ...