【Swift】’applicationFrame’ was deprecated in iOS 9.0

死ぬほど久しぶりの投稿です。最近全然アプリも触っていなかったのですが、AppTrackingTransparencyの対応をするためにちょっと修正をしていました。まだ対応しきれてないのですが・・・ で、実はそれとは関係なく、また、deprecatedなメソッドがあったので、そちらの修正を照会がてらメモっておこうかなと

applicationFrame

久しぶりにアプリのアップデートをしてるわけですが、ついでに対応するiOSを上げようと思ったんですね。流石に iOS8とかなっていたので。。。今やiOS14.5ですよね・・・まあやってみると警告がわんさか出るわけですね。その一つが ‘applicationFrame’ was deprecated in iOS 9.0 です。
コード的には以下のような記載をしていたところですね。

let frame = UIScreen.main.applicationFrame

スクリーンのフレームのサイズを取得したくて上記のようなコードを描いていたのですが、iOS9から非推奨なってしまったみたいですね。毎回毎回こういうのがよく出てくるわけですね。Appleならね。

修正方法は

まあ、これは大したことはなくて、以下のように書き換えるだけですね。

let frame = UIScreen.main.bounds

こちらも CGRect が返却されますね。簡単でしたね・・・

関連記事

【Homebrew】使い方メモ

【Ubuntu】Ubuntuを18.04LTSにアップグレードしてみた

【Swift】日付(Date型)同士の差の取り方

【Swift】NSMutableArrayのremoveObject:をSwif...

【Flutter】シミュレーターで最初のアプリを起動してみる【Mac】

【zsh】ラズパイに入れてみた2