【Raspberry Pi】Raspbian StretchからRaspbian Busterへアップデートしてみた

てことで、前回の続きで、RaspbianをStretchからBusterへアップグレードしてみたいと思います。やってみると Ubuntuと若干やり方違うんですね。とりあえず、真似する方は自己責任でお願いします。

現在のシステムを最新化

まずは現バージョンのOSをアップデートしてしまいます。いつもはaptitudeを使ってますが、今回はaptを使っていこうと思います。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

続いて以下を行います。

$ sudo apt dist-upgrade

なにかあればアップデートするか聞かれるので’Y’でアップデートしてしまいます。

Raspbianのチェック

何か起きた時にどうしたらよいかわからないですが、参考サイトのようにやってみちゃいます。
自分の環境では何も出力されませんでした。。。

$ dpkg -C
$ apt-mark showhold

リポジトリの向き先をStretchからBusterへ変更

stretchをbusterに書き換えるだけです。

$ sudo sed -i 's/stretch/buster/g' /etc/apt/sources.list

新Raspbianで最新化

まずはいつもの奴を行います。

$ sudo apt update

次にシミュレートでアップグレードしてみます。
まあ、これで何か問題が出たら困ってしまいますが・・・

$ sudo apt --simulate upgrade

いよいよアップグレード・・・結構長いです。
いろいろ聞かれたりします。

$ sudo apt upgrade
$ sudo apt dist-upgrade

最後に

再起動の前に、/etc/dhcpcd.conf の中とかは確認しておくと良いです。
設定を消しちゃってる場合があるらしいので、消された場合は、ネットに繋がるように元に戻しておきます。

$ sudo reboot

これもやったほうが良いんですかね。

$ sudo apt autoremove

こんな感じで、アップデートしたラズパイを使ってみようと思います。
アップデートできてるかの確認は以下で

$ lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID: Raspbian
Description:    Raspbian GNU/Linux 10 (buster)
Release:    10
Codename:   buster

入ってなかったらインストールしましょう。

$ sudo apt install lsb-release

参考サイト

Upgrade Your Raspberry Pi to Raspbian Buster, Without Losing Data
raspbian(Raspberry Pi)のバージョン確認方法

関連記事

【Xcode】ERROR ITMS-90032: "Invalid Image ...

【Ubuntu】Ubuntuを19.04にアップグレードしてみた

【Ubuntu】UnuntuにSwiftをインストールしてみた件

iPhoneのスクリーンサイズ一覧

【Xcode】Firebaseを組み込んだ矢先にハマった事(その2)

【Objective-C】Implementing deprecated met...